spring

終了しました

花まつり - つつじ、大藤、春もみじ

15万坪に描かれる花の絵巻
御船山楽園が最も美しく輝く季節

2018.4.9(月) - 5.6(日)

8:00 - 18:30

20万本のつつじが織り成す花の絨毯

20万本のつつじが織り成す花の絨毯

御船山楽園の最大の見どころ、すり鉢状の「つつじ谷」。色とりどりのつつじで織られた、まるで絨毯を敷き詰めたかのような絶景をお愉しみください。

20万本のつつじが織り成す花の絨毯

つつじは「久留米」「平戸」など約20万本、そして萩野尾御茶屋脇の、推定樹齢170年の大藤など、花々のリレーが繰り広げられます。

20万本のつつじが織り成す花の絨毯

20万本のつつじが織り成す花の絨毯

芽吹く若葉は秋の紅葉になぞらえて春紅葉(春もみじ)とも呼ばれます。淡く透き通るその美しさは紅葉に勝るとも劣りません。

20万本のつつじが織り成す花の絨毯

皆様から好評をいただきました花見台は御船山の左側、木々に囲まれた散策路の奥に設けております。地上約30メートルの高さの花見台から眺めるつつじ群の姿は実に見事で壮観です。4月下旬から5月上旬に見ごろを迎えます。

20万本のつつじが織り成す花の絨毯

御船山楽園の開園から173年に渡って、そして「花まつり」でも春の主役を演じ続けるのが御船山の断崖下に広がるつつじ谷の久留米つつじ。起伏に富むすり鉢状の地形と相まって多彩な眺望を楽しめます。

萩野尾御茶屋

萩野尾御茶屋

花まつり期間中は限定公開し、「粉茶と串団子のセット」を販売しております。

レストラン歳時記

レストラン歳時記

御船山の庭園を眺めながらのお食事に。佐賀黒毛和牛と若楠ポークのハンバーグやステーキセットなどをご用意しております。

茶屋BAR

茶屋BAR

御船山観光ホテル・御宿竹林亭にお泊まりのお客様は、萩野尾御茶屋で営業する「茶屋バー」もご利用いただけます。
22:00〜
(最終入店24:00) 

開催概要

開催日
2018.4.9(月) - 5.6(日)
休園日
なし(雨天開催)
開園時間
8:00 - 18:30
入園料
大人(中学生以上)700円、小学生300円
※竹林亭・御船山観光ホテルにご宿泊のお客様は入園無料
※団体料金はお問い合わせください
注意事項
花まつりでのドローン空撮は禁止しています。
ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

御船山の麓に佇む二つの宿